2016年02月23日

「野島ドラマ」お気に入りセリフPart.16

頭のよくない言葉づかいをされるヒトは、正直あまり好きではありません。


たとえば近ごろワイドショーを騒がせている、女の方のブログを眺めていて、思いました。自らを名前で呼んでいる‥‥つまり一人称に「私」とか「僕」ではなく、『Kは』なんて具合にしている方と合いますと、私は虫唾が走ります。正確にいうと、この事象については以前そうでした。

その女性の文体に触れていくうち、どこか懐かしい感情を覚えて、記憶を辿っていきましたら、好きだった彼女にも時おりそういったところが見られ、一人称に下の名前を用いることがあったのです。

‥不思議なものですね。彼女の場合、虫唾が走るどころか、それすらも愛おしくて。隣で聴いていてドキドキしたほどです。私は自らを『A』と呼ぶ、そのヒトのことが好きでした。

そういえば彼女の歯は白くなかったと思います。女性の歯はなるべく白色であるべき‥私に変な固定観点があったものですから、まったく気にならなかったといえば嘘になりますが、次第にそれも気にならなくなりました。多少歯が黄色くたっていい。タバコを吸っている彼女ごと、愛していた...

あばたもえくぼ。とは、昔の人もよくいったもの。他人から見たら欠点と思われることが、何とも思わなくなります。むしろ、好きになってしまいます。恋愛期間中“好きになった方”は、おそらく魔法がかかっているのでしょう。そのヒトの本当にすべてが、ただただ愛おしくてたまりません。


だから、彼女にまだ私の知らない顔‥たとえ、どんな過去を持っていたとしても、揺らがずに受け入れられる自信があります。それらを含めて、今いる彼女を好きになったのですから。ヒトを“愛する”とはそういうことなのではないでしょうか。恋は冷めても、愛は上にあがっていくだけ‥‥。そこに到達するまでが、なかなか難しいのですけれど(苦笑)

あのセリフを思いだします。


いいんです。ボクは、この人を思っているあなたごと、抱きしめていきます

【101回目のプロポーズ】より。これは主人公である達郎の「覚悟」の表れです。想いを寄せる薫は死別したフィアンセを忘れずにいた‥。ようやく前を向いて歩きだしたとき、達郎のプロポーズを受けます。ちなみにここでのプロポーズが、かの有名な『ボクは死にません』 ですね(笑)

でも達郎は、ムリして忘れることなんかないんだよ。ボクは今の、彼を忘れられずにいるあなたを含めて愛している。これからも、ずっと愛し続けていく...


受けとめるとか、守り抜くではなく「抱きしめる」と言っているあたり、達郎の知性とセンスの良さを感じます。‥演じた武田鉄矢さんが口にしますと、なにか金八先生と重なってみえてしまう部分も、なくはなかったのですが(笑)

「抱きしめる」覚悟‥‥その覚悟だけは、今の私も強く、持っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。