2015年11月29日

世にも奇妙な物語 2015『映画監督編』 視聴感想文 ※ネタばれ注意

急に冷え込みはじめました。寒さに耐えきれず、電気ストーブを物置から引っ張り出してきた28日は、私にとって、さながら「タモリ祭」といった塩梅...


午前から【タモリと戦後ニッポン】という書物を読み、午後は、特にその予定はなかったのですが、コージー冨田さんのモノマネ動画に思いのほかハマってしまい‥。「いいとも」時代のタモリさんを懐かしく想いながら、あらためてモノマネの精度の高さに感心していた次第です。

以前コージーさん自身がタモリさんについて『あの方の間(ま)が好き』 そう番組内でおっしゃっていましたが、本当に細かいところまでコピーされていますよね。よく“セット”になって出演されていた原口あきまささんとのコンビは似ているだけでなく、かけ合いがひとつのネタとして見ていても面白くて最高でした。



序盤の“さんま”の元へ歩み寄っていく様が秀逸


そして、夜は○○おもいっきり「世にも妙な物語」 です。本家本元のタモリ(笑)。【映画監督の特別編】、ご覧になりましたか。

‥私は各作品ごと、手を叩いてましたよ。『すばらしい!ブラボー!さすがは映画監督の皆さま!』 と。まさに“ネ申”回。こんな素敵な世にも奇妙を同日に拝見したのは、いつ以来でしょうか。個人的には【映画の特別編】よりも上をゆく、高評価。春から7か月も待った甲斐があったというものです(笑)。先週約束したとおり、それではさっそく一本ずつ振り返っていきましょう。


最初は、まず【幸せを運ぶ眼鏡】 にズームイン。これにかんしては全体を通してみると『よくできているなぁ』 そう巧さのようなものを感じましたね。眼鏡の持ち主・涼太も最終的に幸福を手にしたけれど、でも、けっきょくは(メガネの)製造元に多大な利益をもたらしていたというオチでしょう?

そのメーカーも金がある人をあらかじめ選抜し、結婚に“目覚めた”彼も、美女とめでたくゴールイン。‥お互いのニーズが一致しているわけだから、何も問題はなく後味スッキリ(笑)。したがって、よくありがちな、美女が“差し金”であったとかではなくて、本当によかったですよねぇ涼太君にとっては。あんな山本美月さんのようなお美しい方が「婚活サイト」に登録していたこと自体が、実は最大の奇妙だったりして...


続いて阿部サダヲさんの【バツ】 。当初は『やっちまったなぁ』とか思ったんです。これまでも多くなかったですか?死を前にした者だけが見える‥‥そういったテイスト。その、まさにの筋書きに乗っ取って話は展開していくのですが、ラストはまずまず評価してあげても良いのでは?

少なくとも「電車事故」で終わってしまうストーリーではなくって、安心しました。さらにそれの上をいく恐怖でしたから‥ね。未来を予知したあとの、初野元秀演じる、阿部サダヲさんの妙に(?)さわやかな好演も光りました。


続きまして【箱】竹内結子さん。これには一杯食わされましたね。まさか、そうもってくるかと‥。え、監督はどなた?佐藤嗣麻子?‥この方、覚えておこう(笑)

すべて合点がいったというか、辻褄の合う終わり方をしてくれたのですが、逆になんか‥よりリアルな恐怖感がありました。突発的な脳の病気を患ったとき、実際たしかに“ああいう感じ”になるらしいのですよ。後ろからガツンとやられた‥みたいな? 今これを書いているだけでも怖くなってくる。ヒィ!

【箱】のように、ラストにドドッとくる作品は、後からもう一度見返したくなりますね。確認作業のごとく。優香さんの【あけてくれ】と、少しテイストが似てましたけど、私個人としては「見せ方」の観点でこっちに軍配。




中谷美紀【事故物件】。amazon風にいうたら、まちがいなく「☆☆☆☆☆」でしょう(笑)。単純なホラー系なのかと思いきや、意外にも色んな要素が同作品には詰めこまれていました。

無言電話に、分かりやすい女の霊と‥‥視聴者をさんざん恐怖に誘っておきながら、後半(CM明け)は一転し、ハートフルな感動系の作品へと早変わり。ビックリしたわ(笑)。女の子のくだんは意表突かれました。中谷さんの少しイッてしまった人の表情(後づけですが)なんかも、たいへん良かったと思います


最後は【嘘が生まれた日】。このタイトルって「愛が生まれた日」にかけてるの?‥いや、まさか世にもに奇妙にかぎって、そんなねぇ^^; ストーリー自体はけっこう練り込まれていたかと。ただ、「尺」の問題もあったのでしょう‥。笑いに走ろうとしているのか、シュールな感じに仕立てようとしているのか、途中から向かっている方向性がよく分からなくなってきます(苦笑)

なので今回の5作品の中では唯一、今ひとつな評価であったのは確かですが、主人公の回想シーンは‥けっこうヤバかったですね。若干ウルっと‥。私も歳をとりました(笑)。“トリ”に相応しく、ラストもハッピーエンド。でも、USOのない世界が現実にあったらどうなるのでしょうね。みんなが「本音」で意見をぶつけ合ったとしても、あれほどまでに悪口ばかりが飛び交う世界にはならないと‥‥思いたいのですけど^^;


全体的な感想としては、ヒトの「死」を意識させる作品が目立ったのと(5本中3本)、オチの持っていき方にもう一工夫加えてくれたものも多くて、先ほども言いましたように、かなり満たされた感はありました。

毎度このクラスの「世にも奇妙な物語」を見たいのですが、今回は25周年の記念イヤーということで特別扱いだったのでしょう。“以上”は望みません。ただ、できるだけ近いものを(笑)。‥いずれにせよ「奇妙・復活」を印象づけてくれる回となったのは、まちがいありません。今後にも期待しましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

世にも奇妙な物語 2015『傑作復活編』 視聴感想文 ※ネタばれ注意

2週続けて挙行されるフジの“世にキミョ”祭り。その第一弾、「傑作復活編」が21日に放送されました。毎シーズン恒例の視聴感想文を、ならではの独自な視点で、今回もお届けしてみようと思います。






まず最初に、検索ワード急上昇中の【ズンドコベロンチョ】 いってみましょうか。

嗚呼、我々のズンベロが“今の人”たちのものにもなってしまい、なんかちょっぴり残念な気分(笑)。脚本をお書きになった北川悦吏子さんが、作品を事前に見たうえで『ギリギリセーフ』みたないことをおっしゃっていましたが‥たしかにムリがあったと思うんですよね。今の世にズンベロは!

元祖の草刈さんのときと違い、ネット社会隆盛の時代にあって、検索して(ググって)どこにもヒットしないなんてことは、ハッキリいって起こりえないのですから。したがって、それをいかに“妨害”しながら、できるだけ自然な形になるよう、混乱に陥る主人公という様を描きたかったはずです。‥はい。努力の跡は窺えましたが


決して自然ではなかったですね(笑)


不自然極まりない。‥けれども、キャスティングに救われた感じはします。私はイケてるリーマン役に誰を充ててくるのかなぁと、リメイク決定当初から気にかけておりましたが‥‥藤木直人さん?うん、彼は非常にズンベロっぽいですよ。適任×2!堕ちていく過程とそれまでのエリート風味なあの難しい「ギャップ感」を、見事に体現してくれていたと思います。現代版【ズンドコベロンチョ】、なるほどギリギリセーフ。


藤木さんもそうですが、今回の“世にも”は全体的に、キャスティングは非常に巧かったと。なかでも【ハイヌーン】 。これにはやられましたね...

まさかの和田アキ子(笑)。でも、たしかに“元祖”の玉置浩二氏のキャラがあまりにも強烈すぎでしたので、あれに匹敵しよう作品をつくろう思ったら、アッコさんくらいの進撃の巨人級?なインパクトは、必要だったかもしれません。‥‥にしても、男役とは(笑)

【ハイヌーン】で感心したのは“再現性”のパーフェクトさ。これは本当に素晴らしかったですね。何から何まで“当時”と一緒。店の佇まい、客層、学生風の男のセリフ回しとか‥あの小さい男の子なんて、平成27年にタイムスリップしてきたのではないか?そう思えるくらい、忠実。もちろん、アッコさんだって忠実。ただ唯一、あそこまで気合い入れて玉置さん、オーダーしてませんでしたけどね。‥さぁ皆さんもご一緒に


『親子ドン!』


【思い出を売る男】木梨憲武さんがよかった!いやいや、最高でしたね。彼もまた、元祖である小堺一機さんの“遺伝子”を受け継いでおりました。

大きく違ったのは、子供が女の子だった点?ラスト、感慨深げに彼女に触れていたシーンは、言葉はなくとも、記憶は失くしても‥‥彼の中にまだ、あの頃の「感触」が残っていたということでしょうか。‥泣かせますねぇ。“ホームレス”の描写がかなりリアルになって、若干引きそうになりましたが(?)「感動」がそれに打ち勝ってくれました。

あと借金取り立て屋の男、最後に一万置いて『たまにはこれで美味いモノ食いなよ』そう言ってましたっけ。元祖より幾分優しく(笑)。奥さんからの電話を受けて、主人公を呼びに来るアパートの大家と思しき中年女性‥。あの方って元祖にも“同じ役”で出演されてませんでした?【ハイヌーン】再登板の六平直政さんといい、細かいとこ突いてくるなぁ今回の世にキミョは。


【イマキヨさん】 。う〜〜ん。私はどうしてこの作品が投票数1位だったのか、不思議でならないんですよ。元祖の主人公が松本潤だからとかしか、正直思えない。ぶっちゃけ、皆さんどうです?そんなに奇妙ってましたか。

松潤によって作品好感度が上がったのだとすれば、そのイメージをできるだけ壊さなぬよう、リメイクでも若手イケメン俳優を起用してきたのでしょう。野村周平‥か。今作で初めて彼のことを存じましたけど、うん、たしかに凛々しいお顔をされていますね。‥以上! 相変わらずオチのインパクトが弱く↓↓↓



君に「罪」はない

【昨日公園】 にかんしては、主人子を取り巻く環境設定がだいぶ変更されていました。まず男二人から女二人の友情へ‥。小道具にフルートを用い、妙な黄金に光る雨?が降り注いでループ!ただ、親友の逝き方と、オチの持っていき方は元祖とほぼ同一でした。

この作品もそこまで当時印象に残らなかったのですけど、人気が高かったのは、堂本光一さんの影響なんじゃないの?実際のとこ‥。解かりませんが。同じループなら榎木孝明さんの【笑う女】とかの方がゼッタイ秀逸作だと思うから、今後への参考にしてみてください。「ジャニ<世にキミョファン」で、どうかお願いします(笑)


来週の「映画監督編」はさらに愉しみです。私も2週にまたがって、珍しく“連投”を予定。世にキミョ祭りはこれからが、本番です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

こりゃ「スンベロ」どころの騒ぎじゃないゾ!?

どうも、ご無沙汰しております。
わたくし、皆さまに伝えたいことがありまして急きょ‥‥奇妙の世界より舞い戻ってまいりました。


いやいやいや、「世にも奇妙な物語」の放送日が、こんなにずれ込むことになるなんて。だって11月の終わりでしょう?もう季節でいえば“冬特”だよね(笑)

本題に行く前に、まずドラマエキストラ‥ですか?今回もダメだった!募集があるたび、これまでもトライしてみてはいるんだけど。平日とか、稀に時間帯が早朝であるにもかかわらず、一度も引っかからないとは!相当倍率が高いんかねぇ。 ‥リアル世にも妙。


待った分だけ「2週連続放送」っていうのは嬉しい誤算やったね。“ズンベロ”リメイクなどで、最初の【傑作復活編】を楽しみにされている方が、オールドファンを中心に大勢いらっしゃると思います。‥ただ、『ちょっと待てよ』 と。

次の【映画監督編】 の方?詳細を追えば追うほど、な〜んか“良作臭”がプンプンと漂ってくるんですよ。長年の勘から、このラインナップを眺めていると、かなり期待しちゃってもいいんでないのー??


yonimo.kimyo2.jpg
10/21付 スポーツ報知より


【バツ】 阿部サダヲ コメント:主演からしてもコメディの要素が大

【幸せを運ぶ眼鏡】 妻夫木聡 コメント:冴えない男に突如舞い降りてきた幸運アイテム!しかしラストは‥‥こういう展開のやつ、個人的に好き(笑)

【箱】 竹内結子 コメント:もしかしたら、私が求めている奇妙“テイスト”がここにある予感。狭い箱の中に閉じ込められた竹内嬢‥一体どうなる?

【事故物件】 中谷美紀 久々王道ホラーきたぁ(><)って感じ?演技派・中谷嬢を「リング」の中田秀夫監督がどう染め上げる?!

タイトル未定のもう一本(呪怨の清水崇監督)を加えての、計5作品。うほ〜なかなか中身濃いすなぁ。放送日が待ち遠しいです。25周年という節目の年に、とびっきりの奇妙!史上最高な「世にも奇妙な物語」を視聴者に届けてくれますことを、一同願っておりますぜい☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

ラベル:映画監督編
posted by はむ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

No more ZUNDOCO??

公式サイトから発表された人気投票の結果を受けて、秋にリメイクする作品が決まるわけでしょう?全5作が順位どおりの選出となるのかどうかは今は判らないけれど、まぁ常識的に考えてみて「トップ10」にランクインした作品が確実にノミネされそうだよねぇ...


となると、なかなか難しい。オタク的には(笑)。1位の【イマキヨさん】から6位の【はじめの一歩】くらいまでは比較的若い世代の方の支持を受けたんでしょう。7位の【ズンドコベロンチョ】でようやく、レギュラー放送回時代の、古参のファンをも喜ばす作品名を聞けましたが‥‥正直これもなぁ。草刈さんの役を竹野内豊が演じるくらいの強烈なインパクトがあれば、また話は別になるけれど(^^;

“通”からの投票だなと思えたのは【懲役30日】(これは三上博史さん以外の役者に演じられるのだろうか)【夜汽車の男】に、それから【23分間の奇跡】‥ですか。賀来千香子さんの鮮やかなグリーンのお衣裳が、未だにマブタに焼きついている?

うん、たしかに視てみたい!かも。リアル放送時はあんまり意味が判らなくて奇妙とか面白いとは感じなかったのですが、“内幕”を知ってしまうと、あれは「恐怖系」作品へと一気に様変わりします。‥ただ、リメイクは“諸事情”によって難しそうな気も(笑)


ランキング中盤以降に目を向けると【時の女神】や【過去からの日記】等、わりと“キレイめ”な作品が散見できます。上位にコメディ枠が多いのに対して。この手のストーリーなら絶対【記憶リセット】または【幸福の選択】あたりがオススメだったのですが‥‥またもノミネートされておらず(^^;本当にいいんですからっ!


ん? 【峠の茶屋】(25位)って意外に人気あったのね。お懐かしい。あの物語のオチを四半世紀のときを越えて、知ることができたなら‥私の感激もひとしおでしょうね。

でも、そうだなぁ‥この中だったら【迷路】(20位)か、【思い出を売る男】(26位)なんていうのも、わりとファン人気も高くて、名作の部類に入ると思います。‥温水洋一さんとかは“元祖”の小堺さんとキャラがまる被りになりそうなのでやめて欲しいです(笑)。思い出で売るための機材(今見るとオモチャのよう 笑)や、手法を一新させて臨めば、現代版の同作品もなかなか見応えありそう。

ま、とりあえず【懲役30日】だけは、せっかく上位にランクしたので、リメイク実現してほしい。あとはもう“天命”に任せます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

ほんまかいな「世にも奇妙な物語 好きな話トップ30」

この度公式サイトから発表がありました。事前に募っていたファンによる好きな作品の投票結果なのですけど‥‥いや〜驚きましたね。まったくもってして!


「一番好きな奇妙作品大募集」トップ30作品発表! ※フジテレビ


ランクインした作品を作品を眺めてみると、ほぼ上位はジャニーズを筆頭とするアイドル主演作(笑)。まぁ中にはたしかに秀逸な作品もありましたし、それ自体を否定するつもりはないのですが、比較的“あたらしめ”のものばかりでしたから(^^;

別に今リメイクしてなくてもいいじゃん?みたいなwどうせならDVD化にも至っていないような、マニアックなストーリーを、秋特のリメイク版で視たかったわけで...


しかも筆者が投票した【私は、女優】が、まさかまさかの圏外でありんす!‥考えようによって、あの作品は菅野美穂嬢にしか演じられなかったかも知れません。非常に難易度の高い演技力が女優さんに要求される物語でしたし。でも私が思う、もっとも「妙」らしい話であっただけに、やっぱりちょっと残念。

人間愛に乏しい現代社会にピッタリな?【家族の肖像】なんかも、是非リメイクで視てみかったなぁ。唯一の救いは【懲役30日】が無事トップテン入り(笑)。ただ、8位だから厳しいかも。個人的にも意外な作品に人気があったり、新たな発見もみつかって案外と面白かった今回の人気投票。

この辺りについては、またの機会にタップリと時間をかけて語ってみようと思います。それでは仕事へ戻りまーす(合間に急きょ執筆w)

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 11:05| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

世にも奇妙な物語「25周年記念スペシャル・春〜人気漫画家競演編〜」視聴感想文

人気マンガ家競演編!ついに放送されましたねぇ。


皆さんはどういった感想を持たれたでしょうか?個人的には大満足‥とまではいかないけれど、かなりそれに近いところまで来ています。さすがは引く手あまたの、発想力豊かな漫画家さんたち!興奮冷めやらぬうちに、さっそく1作品ずつ振り返っていこうと思います。


まずは鈴木梨央ちゃん主演の【面】‥ですか?

うーん‥子供が主役だと、なんとなく「ほんとにあった怖い話」テイストなってしまうのではないかと危惧していたのですが、やっぱりそんな感じ(笑)。でも、悪くはなかったかな!内容的にも、梨央ちゃんのセリフ回しも巧かったし。「明日、ママがいない」で子役先輩の愛菜ちゃんから学んだことも多かったのでしょう。

本人が実は‥‥ってタイプのオチ。けっこう世にも王道なパターンではあったけれども、彼女自身が「○○だった!」というのは読めなかったなぁ。まぁきっと、冒頭の和尚さんの件はそのために用意されたものなんでしょうね。ストーリー上ではほとんど無意味だったし(笑)。評価したいのは得体が判明して、そこで終わらなかった点かな。どうして彼女が○○なのか?理由も分かって、みんなスッキリ?


前田敦子さんの【自爆者】

来たねぇ、【墓友】に続くキモ怖なやつ(笑)。ただ、ストーリーそのものは、わりと綺麗にまとまっていた方なのではないですか。ラストに結びつく“伏線”なんかも時間をかけながら、丁寧に描かれていたし。面白かったかどうかは‥‥また別の話になってしまうのですけどね。AKB48卒業生の大島優子、あっちゃんときて、今度は篠田姉?板野嬢あたりがくる?


大々的に宣伝がなされ、今回もっとも注目を集めたであろう【ゴムゴムの男】

人気マンガとの、文字通りコラボ‥。当初はどうなることだろうと心配していたのですが、思っていたよりも自然でした(笑)。以前にあった同系のちびまる子ちゃんのやつよりも、はるかに良かった!少なくとも個人的には。ていうか、阿部寛さんがあの役にハマりすぎててヤバい!なーんか、久々に視たハッピーエンドな世にも奇妙。‥足のケガは、もう何ともなくなっちゃったんでしょうかね。ゴムの力、強しw


後半の2作品でグンと評価を上げた【蟲たちの家】【自分を信じた男】

長谷川京子さんから稲垣吾朗ちゃんへ‥‥This is「Mの悲劇」リレー!‥あのドラマ、意外と好きでした。

フランツ・カフカによる有名な小説「変身」さながらの、人間が蜘蛛になってしまうという【蟲たちの家】。のっけから特別出演の楳図かずお氏が、非常にシリアスなお顔をされていることに驚きました。氏のあんな表情を見たのは初めて‥かも。

内容的にも良かったです。物語終盤に起こる、よもやの 大逆転劇! 世にもでも多く見られるオチ・パターンのうちの一つですけど、これが個人的にけっこうツボでして(笑)。共演の板尾創路さんも鬼気迫る、まさに迫真の演技といった感じで作品を大いに盛り上げてくれました。



春の助演男優賞!


ところであの“餌”になってしまう女性は最後、結局どうなったんでしょうね。気になります...


【自分を信じた男】は‥笑わせてもらった!ラストシーンよりも、最初の手塚とおるさんとのかけ合いが最高でした。薄井さんに影山さんて(笑)。筆者もどちらかといえば“あちら側”の人間ですから、共感できる部分も多かったし。

あえて注文をつけるとすれば、一大決心した強盗後の演出に、もう少し捻りが欲しかったところ?透明人間なら容易にあの場から“脱出”できるはずですしね。‥なんて、いちいち細かいツッコミをしていたら「世にも奇妙な物語」自体が成り立たなくなってしまうか。すみません(苦笑)。


番組で発表された人気投票上位の作品を「リメイク」する、新たな試みも楽しみです。皆さんはどの作品を投票されるでしょうか。私は‥‥‥。投票結果を楽しみに待ちながら、また半年後の秋の特別編でお会いしましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

-あるある- 世にも奇妙な物語

妙ファンにはお馴染みのYONIKIMO.COM ってサイト、ありますよね。作品によってはメチャクチャな『この“あらすじ”どうにかならないの』と、時おり愚痴を垂れながらも筆者も足繁く通わせてもらっています。

まあ、あらすじ云々よりも、YONIKIMOさんは視聴者からのコメントを受け付けている点が良いです。それによって視聴者が作品を見て何を感じたのかを、こちら側も知ることができますから。“オチ”がイマイチ理解できなかった人に対して解説してくれる方がいてくださったり、また現在は視聴不可能な大昔に放送された作品などにつきましても、貴重な「情報源」と成りえますしね。


先日私も【留守番電話】という仙道敦子さん主演の作品をふと思い出し、サイトに立ちよらせてもらったのですが、そこにあったコメントをみて微笑んでしまいました。以下引用...

仙道さんの美しさが際立ってますね。実は、主人公自身だった系の話、結構好きです
投稿者:マリオさん


あるある! 


こーいうテイストのやつ、たしかに多いですよね。いわれてみれば、けっこう自分も好きだったりする^^;

今、思い当たる作品をザッと列挙するだけでも‥【連載小説】 【午前2時のチャイム】に、【歩く死体】なんかもコレに該当するかもしれません。ちなみに世にもとは関係ありませんが、浅野温子・三上博史W主演の「共犯者」という作品には、放送当時かなりハマっておりました。知る人ぞ知る名作サスペンス☆

‥その「共犯者」もそうでしたけど、トリックといいますか、視聴者への見せ方の部分で【留守番電話】も、一杯食わされました。もう“オチ部”が判明してるからいうと、留守電に吹きこんでいたのが自分自身であるなら「声」までは変わるはずがないのに、劇中では完璧にオトコな声になっていましたからね。

いや、実際は変わっていなかったのだろうけど、主人公がストーカーまがいな行為をする“他人”と勝手に思い込んでいただけ---。私たちも、本当は存在していないその声に、まんまと欺かれてしまったのです。


う〜ん、いかにもな感じがするでしょう?

上記の作品がそうであったように、大抵はオチを連想させる「伏線」があったりするのですが、この作品にかんしては皆無だった気がする(単に“尺”の問題もアリ)。だから予想だにしていなかったラストシーンに、視聴者は恐怖でおののいてしまったわけですねぇ。





『美しさが際立っていた』と、マリオさんも絶賛していた仙道敦子さん(笑)。彼女はショートヘアーのイメージが根強かったけど、たしかこの頃はロングじゃなかったかな。どこか影のあるコンサバ女子の役が、たしかにマッチしておりました。

そういえばほぼ同時期にご活躍をし、同じく世にも出演経験もある漢字違いの千堂あきほ嬢って、お元気にされているのかしら??

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 09:59| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

世にも奇妙な物語 「マイベスト特別編」

前回の記事で触れた【私は、女優】がどうしても視たくなり、いろいろ調べていましたら、アレって【和服の少女】と同日に放送されていたんですねぇ。すっかり忘れとりました。

うん、あらためて1999年の“秋特”もなかなかの、ネ申

この他にも【マニュアル警察】(東野圭吾原作)【逆男】 【モザイク】と、実に個性的な作品で固められた愉しい回でした。近年の「世にも」は一回の放送で一話名作があれば良い方なのに、今思うとなんとも贅沢な時代...


感慨にふけりながら、ふとこんな事を思いました。

『そういえば一回の放送の中で、傑作が揃っていたのはどれだったろう』

前回みたいに選りすぐりせず、あくまで“特別編”のくくりで。
こうなると筆者は「秋の特別編2002」 を1位指名するでしょうか。

2002年秋は、まあ特別「大アタリ」もなかったのですけど、逆にハズレもなかったといいますか‥。まんべんなく高水準で“らしい”作品が粒ぞろっていた印象です。通信簿でいえば 「オール4」的な感じ? ですから終始“見所が多い回”ではありましたよね。ラインナップは以下の通りです。


1. 【採用試験】
主演:深田恭子 テイスト:シニカル
2.【知らなすぎた男】
主演:佐藤浩市 テイスト:ブラック
3.【連載小説】
※主演:木村佳乃 テイスト:妄想
4.【声を聞かせて】
主演:加藤晴彦 テイスト:ホラー
5.【昨日の君は別の君 明日の私は別の私】
主演:藤原紀香 テイスト:感動?


‥また秋特2002のポイントが高かった点として、きちんと「棲み分け」が出来ていた点があげられると思います。それぞれ持ち味のちがった五つの奇妙話を堪能することができます。唯一、昨今得意としている「コメディ」だけが在りませんでしたけど。

この中ですと、【採用試験】と【連載小説】が個人的に好物。前者はオチを知ったうえで、あらためて見返してみると『どうして深キョンはあんな表情をしていたのか』とか『なぜあんな試験をやらせていたのか』が、手に取るように判ってきます。

【連載小説】は前述の【私は、女優】同様、妄想族にはたまらない話(笑)。ラストも綺麗に締められています。【声を聞かせて】は携帯電話が外せないアイテムとなっているだけに、折りたたみ“ガラパゴス”が時代を感じさせますけど、あの迫りくる恐怖感は今みても色あせてませんね...

【知らなすぎた男】には叶美香さんが、けっこう重要な役で出演。当時の叶さんの立ち位置と若干重なる壇蜜さんにも、今後ぜひ「世にも」ご出演いただきたいw


ちなみに次点が【才能玉】【ヴァーチャルメモリー】 【雰差値教育】 【午前2時のチャイム】 【回想電車】の2007年春特。永作嬢、椎名さん、小日向さんといった演技派たちが主演を張ってくれた回で、特に後半3作品の「奇」ポイントが高し。全話を通じて高得点を叩き出した特別編は‥この回までかなぁ。


中国産の動画サイト(笑)で無事【私は、女優】視れました。いや〜 あの頃の菅野美穂の可愛さも「ネ申」ですわ。メンヘラ系女子wを演じても絵になってしまうカンちゃん。世にも“再建”の切り札として、そろそろ「再登板」をお願いしたいところですが...


≪関連≫
世にも奇妙な物語 2007春の特別編 [DVD]

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 20:21| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

世にも奇妙な物語 「私の5選」

“秋特2014”放送から約2週間...


個人的には不満足な回でしたが、ネット上などでの反応をみますと、それなりに盛り上がってはいたようです。ファナモとかファ・ナモとか、ファーナモとか?w

‥まぁ【未来ドロボウ】あたりも話題性はありましたし、よくも悪くもインパクト大な作品が多かったのは確かであったと感じます。

それよりも「真夜中の特別編」を逃したのは、痛かったなぁ。少し前までは運がよければ某有名動画サイトなどで【三人死ぬ】を拝めたりしましたが、今は難しいようですし。これまで何回も視聴してきたから、別にいいっちゃいいんですけどね(笑)


【死ぬほど好き】がノミネートされていたのは意外でした。野島氏が脚本を務めた!
‥でもアレってそんなに名作だったのでしょうか。いや、氏のドラマは好物なのですけど、「世にも」の中にあってということです。

一見リアルティックですが、よくよく考えてみたらアリエナイことだらけ(掘り下げる必要もないけど)。コメディな様相から最後のオチで一気に「ブラック」と化した作風‥‥。放映権の問題やら何やかんやあるのかもしれませんが、私なら“この枠”に【ネカマの男】を入れたいw


そんなわけでちょっと今回は筆者プロデュースな5作品を選抜してみます。「真夜中」が恐怖系が多かったようだから、できるだけそれに近いテイストでチョイス!



1. 【和服の少女】

2. 【悪魔のゲームソフト】

3. 【笑う女】

4. 【私は、女優】

5. 【記憶リセット】


一応“放送順”も意識しました。1の【和服の少女】は、もう王道を行くようなホラータッチで描かれていてオススメ。似た感じの【見たら最期】と迷うところですが、ラストシーンがなかなか良かったのでこちらに軍配

2【悪魔のゲームソフト】は恐怖でもあったけど、“後味の悪さ”という点においては最強レベルでしょう。この作品は厭なトラウマとなって未だに忘れられません...

3【笑う女】も悪魔のゲームソフト同様にレギュラー放送のときのもの。同作品は視聴者によって好みが分かれそうな気もしますけど、個人的にはこの手の「ループ系」 ですか?好きなんですよねぇ。ループといえば【リフレイン】や【厭な扉】も該当しますが、物語の筋道が【笑う女】はよく出来ています。

4【私は、女優】。この作品でまず目を奪われるのは、主演・菅野美穂嬢の女優っぷり。彼女が本当にいい味だしてます。あと効果音を含めた演出も手伝って、作品全体に漂う雰囲気が何ともいえなく不気味で秀逸

5の【記憶リセット】は恐怖でありませんけど、世にも・恋愛部門では1、2を争う名作だと思っています。だから“トリ”で視るのにはちょうど良い(笑)。今では滅多に拝めない?中山秀征さんの好演ぶりも光ってます。文字どおり、記憶をリセットしてしまうという“世にもらしさ”を存分に取り入れつつ、はかなくも美しいストーリーでした。


‥はい、ここまで超個人的な見解を述べてきました。「私の5選」はいかがでしたでしょうか。少しでもファンの賛同を得られたなら冥利につきます。軽く振り返ってみると、10年くらい前までは本当にクオリティ高かったですね^^; 


あぁ、あの頃の奇妙よ‥カムバック!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 10:51| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

世にも奇妙な物語 2014『秋の特別編』 視聴感想文 ※ネタばれ注意

秋の特別編に先立って「真夜中の特別編」なるものが放送されていたそうですね...


誠にしくじった!今回いろいろ“予習”しておかなかったがために、見逃してしまう失態。まさか、まさかですよ。だって【懲役30日】と【おばあちゃん】が放映されていたんでしょう?ダーク両巨頭に、私も好きだった【三人死ぬ】。

ネットとかで投票集めたのか、制作側が選抜したのか詳しいことは知らないけど、このラインナップ!たまらんねぇ。なかなか良いセンスしてる。‥ということは視聴された方々は弁護士の露口茂さんも拝めたわけだ!クウゥ〜(←川平慈英のつもり) 。【見たら最期】と【不定期バスの客】も真夜中にはお勧めだけどね。


こういった“神回”がありながら、今年の秋の特別編ときたらorz..


個人的にここ2年くらいの「世にも」では最低評価。点数もつけられません。簡単に振り返っていくと、まず最初の【サプライズ】‥ですか?多部未華子さん主演の。なんか無理やり“ホラーに仕立てあげようとしている感”がありました。別に「奇妙な世界」だからストーリー性をとやかく言う必要はないのですけど、あの彼氏の急変ぶりとかは明らかにHEN!異様すぎるw

‥オチはまぁ、わりとよく練られていた方だと思いますが、主人公の上司の件とかは必要なかったんじゃないかな。いっそ「婚約指輪」の登場で綺麗に終わらせておくもアリだったのではないかと。‥正直なところ、この作品に貴重な「ホラー枠」を使われてしまったこと自体にガッカリです。


【走る取的】。リアルチックな恐怖感があって、嫌いなテイストではなかったけど。ただ如何せん、なんの捻りもなく終焉してしまったのが残念極まりない(最後の写真程度では弱すぎるw)。主人公の仲村トオルさんが盛んに『先輩!』と呼ばれていましたが、若き日の代表作「あぶない刑事」を連想させました。あの時は逆に“呼ぶ側”でしたけどね。‥はい、内容とは何ら関係のない話でどうもすみません。次いきましょう!


【未来ドロボウ】は、私自身は読んだことがありませんけれど、わりと原作に沿っていたのだそうです。ブラックなのかと思いきや、意外とコメディな感じで、エンディングも幾分爽やかな印象。“入れ替わり系”ですと、前述の【おばあちゃん】とかぶりますが、まるで大違いです。未来(若さ)を取るか、経済的な豊かさなのか?考えさせてくれるテーマではありましたね...





【冷える】は、もうオチが読めちゃって×2(笑)。この手の「死にオチ」は過去にもたくさんあるんです。一度は“生還”を果たしたという点なら椎名桔平氏の【のどが渇く】と丸被り。しかし、この【冷える】!

過去作品の様々な要素が入り混じっていて、世にもファンとすればなかなか興味深い作品ではありました。主人公と(若村麻由美)医者とのかけ合い。あの火傷の件は、【私は、女優】とほとんど同一でしたし、最後、消防士になった?のも、なにか【才能玉】を彷彿とさせました。‥ですから、今回もっとも「世にもらしい」ストーリーであったといって、いいかも知れません。


最後に【ファナモ】。これはもうあらゆる意味でサイテーでしたね。オシッコ(石油が出た)のあとはウ○コかいっ? ‥そら戸田お姉たまもキレるわなww

原作もドラマのような感じなのでしょうか。だとしたら、活字で読んだ方がいいんじゃないの?そっちの方が愉しめるような気がします。どだい映像作品にするのには無理があったのではないでしょうか。【ファナモ】をラストに持ってきた理由は、最後のオチ箇所をみればなるほど納得です(笑)


皆さまは今回の秋の特別編をみてどんなことをお感じになりましたか。大好物な世にもバナシとなると、故にいつも以上に手厳しく?ときおり今井舞のような罵倒もしてしまいましたが(知る人ぞ知る)、筆者の「奇妙愛」 は不変です。また来年春にはお会いましょう! ※ブログは更新します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

世にも奇妙な思い出話?

『世にも奇妙な物語2014.秋の特別編』 の放送がもうすぐです...


秋はほとんど事前知識を持たずに、“本番”に臨みます(笑)。期待しすぎて、あまり芳しくない内容のものであったらガッカリしてしまいますし、逆のパターンで“望外の喜び”となる可能性も、なきにしもあらずですから。今回は「半年に一度のお楽しみ」を自然体にということで!


それでも暇を持てあましている時などは飽きもせず、昔の作品を視たりしてますよ。ほとんどの作品は視聴してきましたが、そんな私でも初めて目にする作品も少なからずあって、この前は【ともだち】という作品ですか?少年隊の錦織一清さん主演の。

ストーリーは初期の頃のものらしく?相当ムチャクチャだったのですけど(笑)、出演者に面食らいました!錦織さんが“ともだち”になりたがっていた人が、なんと、若き日の香川照之さん。まだ20代半ばの頃でしょうか‥。香川さんの恋人役にも七瀬なつみさんを配するという、今では考えられない豪華絢爛ぶり。

‥もちろん当時のお二方は役者としては、まだ無名に近い存在ではあったと思うのですが、何年後かに視聴すると、そうした思わぬ役者さんが出演されているのを発見したりして、驚くことがままあります。過去には豊川悦史さん、石田ひかりさん、篠原涼子姉や吉高由里子嬢といったあたりも“チョイ役”で世にもに出てましたっけ。

それにしてもこの【ともだち】‥。一応錦織さんが主演扱いなのですけど、セリフらしいセリフはほとんどなく、香川さんの奮闘ぶりの方がだいぶ目立っています(笑)。やっぱり私のなかでは【バーチャル・リアリティー】のニッキがいちばん!


ドラマ『高校教師』でブレイクする前の桜井幸子さん。のちに彼女も常連となりましたが、記念すべき“初世にも”となったのが、【ボールペン】という作品でした。これがね、面白いんですよ?あいにくストーリーではなくて、制作サイドによる“粋な計らい”といった部分で!

願い事を、たしか1000回だったかな?とにかくたくさんノートなりに書きこむと、その願い事が叶うといわれているボールペンがあります。そのボールペンのインクの色がです。桜井さんの願い事が無事叶ったのかどうかは‥ここでは割愛させてもらいますけど、同じ放送日に【みどり紙】という薬丸裕英さん主演の作品もあり、おそらく偶然ではないと思われるこの「奇妙な一致」が、とても印象的でした。ちなみに【みどり紙】の方はなかなか“社会派”奇妙な物語で、自分好み♪


さてさて、今秋はどうなるでしょうか。印象度からいうと春は【墓友】の一人勝ちな感じでしたが、秋はせめて2作品以上!世にもファンを唸らせるような物語をみたい。放送は18日、土曜日の21時からです。楽しみに待ちましょう 【


≪関連≫
世にも奇妙な物語〈D〉 (OHTA NOVELS) (「みどり紙」収録)

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 10:15| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

世にも奇妙な物語 2014『春の特別編』 視聴感想文 ※ネタばれ注意

今年一発目の世にも奇妙な物語!視ました。


すべての作品を視聴し終えた今は、なんだか不思議な感覚ですね。世にも史上に残りそうなほどの名作は‥‥特段なかった印象なのですが、でもわりと満足しているという(笑)。もちろん“半年ぶりに”新作を視れたといったのも、背景にはあったんでしょうけれど。ただ、あえてその要因を自分なりに分析してみると、今春は『作品順がよかったのでは?』なんて思います。


1話目の【二ートな彼とキュートな彼女】はやや退屈な作品で(あくまで奇妙的観点)、玉森裕太と木村文乃、両者のファンは堪能できても(誤魔化せても)、ディープな世にもファンを満足させるまでには至らなかったのではないかと。

同じ恋愛モノで昨年秋の【仮婚】と比較すると、やっぱりラストの差‥でしょうか。コンシェルジュのカラクリを理解したうえで、時間的にもさらなる意外な結末といいますか、そういったものが用意されているのを、おそらく視聴者も期待していたはずです。ところがあのラストでいくと、結局“オチ”はなかった!?(笑)。‥そんな何か、消化不良感は否めませんでしたよねぇ^^;


2話目に持ってきた【墓友】。ここで一気に挽回します。いやいや、久々にみましたよ!雰囲気たっぷりの奇妙なストーリー(笑)。不気味さを演出していた効果音も非常によかったです。真野響子氏の鬼気迫る演技はネット上でも騒然となっていたそうでw

終盤にかけての盛り上がりに対して、ラストは少々物足りなかった気もしましたが、それでも高評価に値する作品。あらためてもう一度みてみたいですね。あと私、“リアル友”役で出演していた円城寺あやさん(劇中没した人)のファンだったという余談も、ここに付け加えさせておきます。


次の【空想少女】は個人的にはあまり好きなテイストの作風ではなかったせいか、別のところが気になってしまったのですけど‥‥


金かけてましたねぇw


以前から大々的に告知していただけはあります。旬な能年ちゃんを主演に持ってきて、制作側も気合い入ってました!こちらにもそれはビンビン伝わってきたのですが、肝心の内容の方は評価が分かれそう。コメディ調な奇妙が好きな方なら良いんじゃないですか?見せ場も随所にありましたし。

そういえば昨年秋の【ある日、爆弾がおちてきて】に出演されていた黒木華さん。それまでノーマークだった彼女がいつの間にやら凄い賞とっていて驚いたのですが、能年ちゃんの敵役だった飯豊まりえという、可愛らしいお嬢さんも有望なのかしら?‥‥世にキミョのまた乙な楽しみ方ですw





コメディのあとは感動系!4話目の【ラスト・シネマ】はちょっとオチが読めちゃったかなぁ^^; でもこの手のストーリーは昔からそうですけど、美女が出演してくれるので嫌いではないです(笑)。ハッピーエンドではなかったかもしれませんが、さわやかで後味のよいラストでした☆


対照的に後味の悪い、【復讐病棟】が大トリ。恋→怖→笑→感ときて、最後がサスペンスです。真夜中の病院に、バックに雷ですとか救急車の赤いサイレンが光っていたり、古臭い演出も若干みられたのですが(笑)、同作品はなんといっても藤木直人さんと赤井英和さんの名優同士が繰り広げる、緊迫のかけ合いが見どころでした。

ラストが気になった方も大勢いらしたでしょう。しかしあれは体育教師への復讐であって、子供に罪はありません。したがってちゃんと手術はしたと思いますよ?医師が発した最後のセリフもおそらく“ポーズ”だったのでは。ああ言っておくだけで、父親でもある教師をだいぶ追いつめることができますからね。

そうそう!前記事でも触れた野島ドラマの「高校教師」と、他にも共通点があったんですよ。奥さんと離婚をしていたのと‥‥



雷子供の片足が不自由だった点雷


奇妙な偶然の一致^^;

清水義範氏が書いた「アキレスと亀」という原作が実際にあるらしいけど、まさか野島さんこの作品を意識してたのー?? (遊びゴコロから本当にこういう事やるときがあるからねぇw)

‥ともあれ医師が無事に手術を済ませてくれていたことを、願っとりますm(__)m


ザッと振りかえってみました。世にもファンの皆さまはどんな感想を持たれたでしょうか?それではまた「秋の特別編」でお会いしましょう!! ※ブログは更新します。


sakura.tamashii.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by はむ at 23:40| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

「笑っていいとも」の特別編?

いよいよラストとなる30日放送分の「笑っていいとも増刊号」を視ていましたら、私にとってちょっとした“サプライズ”がありました。木曜日の放送終了後というくくりの中で突如、タモリさんと鶴瓶さんが「世にも奇妙な物語」の思い出話をし始めたのですね。


触れていたのは鶴瓶さんが出演した、もう20年以上も前になる作品、【着せかえ人形】について。これは今でいうラブドール的な話です。とりわけタモさんが述懐していたのが印象的で、実は少し意外でもありました。『あれは名作』 そうおっしゃっていたんですけど、ストーリーテラーのタモさんもちゃんと作品に目を通してるんだなぁ‥‥って(笑)。

物語の中に登場してくるマリコ(人形)の話をしていた際も、トークだけで観客を震えあがらせていたのは『奇妙な世界への案内人だけに、さすが!』とか感心しつつ‥でも、よく考えてみたら当時はご本人も端役でチョイチョイ出演していたんですよね^^;かえってその頃の作品の方がご記憶されている可能性はあります。


笑っていいともといえば、その当時のレギュラー陣が総出となって出演してくれた回がありましたっけ。主演を務めたのももちろんそうで、鶴太郎さんとさんまさんに、鶴瓶さん!(先述の【着せかえ人形】とは別の話)

拡大版のスペシャルでもなかったのに、脇役も含めてとんでもなく豪華でした。あのダウンタウンのお二人も、ほんのわずかですが出ています。‥出ているというより“映っている”くらいの感覚でしたが(笑)。


明石家さんまさんの【スローモーション】には、面白い?エピソードがあって、これも後にいいともの1コーナーの中で明かされてました。

自宅マンションの屋上から飛び降りた、さんまさん演じる主人公がスローモーションとなってマンション内での、住人たちの様々な人間模様をみながら最期を迎えるといったストーリーで、実は飛びおりた直後と地面に落下したあとの、さんまさんの「髪型」が微妙に違っているんです。

これは演出でもなんでもなく、どうも撮影途中にさんまさんが“散髪”に行ってしまったらしく‥‥(笑)。スタッフからしてみたらまったく予期せぬ形で、こうした“奇妙”な現象が起こってしまったわけです。現代ならCGとかで誤魔化しもきいたんでしょうけどね。





本当に思い出話は尽きませんが、タモリさんには「笑っていいとも」は卒業されても、せめて 「世にも奇妙な物語」だけは! どうかこれからも出続けてほしいものです。“世にも”といえばタモリさんですし、他の方はあまり考えられません。考えたくもありません!

てか久々に“愛”を語ってしまった‥‥(笑)。31日の「感謝の超特大号」はきっと泣いてしまうでしょうね。ひとまず32年間、お疲れさまでした m(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by はむ at 00:55| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

あなたの期待値は?世にも奇妙な物語“春特”2014

あと1週間後に迫った『世にも奇妙な物語'14春の特別編』の詳報が、フジテレビの公式サイトでアップされてましたね。

これに関してネット上での反応などを見てみますと、私はよく存じていないのですが(最近こういうの多いな^^;)キスマイフットツーの玉森裕太さんが出演される「ニートな彼とキュートな彼女」が、けっこう注目を集めているみたい。まあ近年恒例となっています「ジャニ枠」です。




♂な筆者は彼よりも「明日、ママがいない」で黒のコートが良く似あっていた木村文乃嬢の“世にも”初登場に注目しとるわけですが、何かロボット?の役を演じるそうで。人間ではない、けどキュートな彼女‥‥かぁ。ニュアンス的に“アイスドール”のような、冷たい印象は受けないのですが、どうなりますやら。


あと! 笑ってしまったのは「復讐病棟」というお話?赤井英和さんが高校の体育教師役で出演されるんですよ。あの有名な野島ドラマを彷彿とさせる役設定。役名はさすがに“新庄”ではないけれども(笑)。ただ予告編をみるからには、わりとシリアスな作風っぽいですね。


「空想少女」には能年玲奈ちゃんが初登場。“あまちゃん”で共演した有村架純嬢に、近ごろ人気面で勢いは押され気味ですが、世にも“主演”デビューは能年ちゃんの方が先となりました(有村嬢は昨年春「石油が出た」に出演)。是非これを機に、名女優の道を辿っていってほしいと思います。


それから「墓友」というのはどうなんだろう‥‥。あらすじを見るだけではコメディのような“笑い系”にも、“怖系”にも取れなくてもなくて、謎です。「墓友」が仮に1話目なのだとしたら、後者の可能性が高そうですけどね。今までの傾向からして。

榮倉奈々の「ラスト・シネマ」。公式サイトでの“並び順”だと、トリを飾るのが、この作品になるのでしょうか。人間が死ぬ前に見るといわれる走馬灯の編集を、自らが手がける?そんな話。過去作品の中にありそうな気もするんだけど、それが何か?と問われると意外に出てこない。斬新なオチを期待します♪


視聴暦が長い私自身がムチャクチャ注目しているというほどの作品は‥‥5話の中にはありません。今回はむしろ、おもわぬ“掘り出し物”的な作品と巡りあえることの方を楽しみにいています。放送は4月5日土曜日21時より!

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by はむ at 10:46| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

世にも奇妙な?ウィキペディア

「相席の恋人」での記憶も新しい、俳優・宇津井健さんが今月14日、お亡くなりになりました。


82歳‥‥ということは“相席”当時は80歳のときですか。世にもに出演される「お爺ちゃん」役の方と比べたら、なんてオシャレで若々しかったこと!

まぁ宇津井さんは数々の作品で主演も張ってこられた役者ですし、そこらのエキストラと比べること自体おかしいのですけれど、でも私の中で「お爺ちゃん」といえば大滝秀治さんのような、風貌やお芝居にわりと年季の入った方をイメージしていたものですから。一連の報道であらためて年齢を知ったときは驚いてしまいましたね‥。ご冥福をお祈りいたします。


しかしながら「世にも奇妙な物語」も放送が始まって24年も経ちますと、すでに天に召された出演経験者も多くおられます。それこそ宇津井さんや大滝さんらに代表される演劇界の大御所から、“端役”で出演されたような方たちまで...

【不定期バスの客】と【モルモット】の中村方隆(ほうりゅう)さんは6年前に病気で他界。“不定期”は筆者も特に気に入っている奇妙作品でしたので、色濃く記憶に残っています。町工場を経営している社長さんの役‥だったでしょうか。当作品においてはセリフも多くて主演の中居正広さんとの絡みも結構多めでした。




「Sweet Surrender」を思い浮かべるファンも多いのでは?


初期時代の後味の悪い代表的な作品のひとつとして挙げられる【ゲームセンターの奇跡】。主人公の少年に殺されてしまう主婦の役で出演していた上原由恵さんは昨年。死因は分かりませんが、ネットでの情報などをみるからに突発的なものだったようです。まだ54歳と若すぎる死‥‥。こういうのが一番辛いですよね。


私はこれら“世にも”にまつわることは大体「ウィキペディア」で収集しています。まぁベタといえばベタですが、信憑性の高い情報が多いですし、何より“情報量”が半端ではありません。なので、よく活用させてもらっているのですけれど、近ごろいささか「奇妙」な点を発見してしまいまして...


江口洋介さん主演の【ホーム、スィートホーム】という作品があります。その出演者一覧の中に「佐藤秀行」とクレジットされていて、リンク先へ飛んでみると現役のサッカー選手である佐藤秀行さんが画面上に表示。年齢的に、もしかすると同作品には子役が2名ほどいましたので、そのうちのどちらなのかと思って情報を追ってみたのですが“佐藤選手”が過去に子役をしていたなんて話は、どこにも見当たらなかったんですよね。

この作品には江口さんと2人の子供がサッカーをして遊んでいるシーンがありましたので、仮に同一人物なら非常にネタ的にも面白かったのですけれど‥現実はそんなドラマのようにはいきませんかね(笑)。

同様なことが益岡徹さん主演の【息づまる食卓】でも見られ、「佐々木一成」さんから飛ぶと、なぜか元スキー選手の佐々木さんへ‥‥。一体なんなんでしょうね。単なる間違いなのか、それとも役者から転身した結果、彼らは本当に一流のアスリートへと変貌を遂げたのか?

佐藤秀行さんや佐々木一成さんに関する情報をお持ちの方がいましたら、気になって仕方がない筆者宛てにご一報くださいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by はむ at 18:08| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

紙媒体、至宝のミステリー

はやいもので3月も半ばです。


今月は何か暗澹たる事件や事故、スクープなどが多い気がします。通りすがりの人をいきなり襲う者がいれば、大切な本を破ってしまう人もいたり‥‥。どれも当事者が“ココロ”に問題を抱えているようにしか思えないことばかり。

個人的にもっとも関心を持っているのはマレーシアを飛び立った飛行機が行方不明となっているニュースです。現時点ではよく分かっていませんが、最初の報道がでてからもう一週間以上が経過‥。大勢の乗客を乗せた旅客機は、一体どこへいってしまったのでしょうか。墜落したですとか、そういった痕跡も今のところないそうですし、日に日に謎は深まっていきます。


現地の関係者がこの件について『ミステリー』なんて言葉を口にしていましたけれど、もし本当に、人の手によってではなく、考えられないような、何か別の力が働いていたのだとしたら...

以前「世にも奇妙な物語」にあった【太平洋は燃えているか?】。敵国へ空爆に向かった戦時中の戦闘機が忽然と消えてしまい、時空を超えて、現代にその姿を現すといった話がありました。いわゆる“タイムスリップ”というのをしてしまったのですね。

ふと、そんなことが脳裏をかすめたミステリー好き‥改め、“奇妙”好きな筆者に、先日朗報が届きました。待望の「春の特別編2014」の放映日が来月4月5日と判明!半年に一度のお楽しみです(笑)。


ところで世にも奇妙ファンで、かつて週刊少年ジャンプで連載されていた「アウターゾーン」を愛読していた方って、結構多いのではないですか?‥私もそのひとりなのですが、一度訊いてみたかったんですよね。それこそ“時空モノ”を扱ったストーリーも多く在りましたし。もし存じていない方がいましたら、この漫画はかなりお勧めします。世にも奇妙ファンなら必ずご満足いただけるといっていいでしょう。それくらいクオリティは高いです。


2年前に「リ:ビジテッド」となって復活を遂げたアウターゾーン。当初は作者の光原伸さんに往時のキレが感じられず、“ブランク”も抱いてしまったのですが、単行本でいえば3話目(月に一度、血を)辺りから、いつも通りの光原さんに戻った印象です(笑)。あと別件で巻末にあったエッセイには泣けたなぁ‥‥連載当時を知る者としては。それこそ世にも奇妙で「実写化」させてほしいと思う話も、アウターには数多くありますね。




ブログランキング・にほんブログ村へ


ラベル:光原伸
posted by はむ at 23:49| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

世にも奇妙な物語 2013『秋の特別編』 視聴感想文 ※ネタばれ注意

ひょっとして!


『う〜ん‥‥』な感じ?


今秋の「世にも奇妙な物語」、皆さんいかがでしたか?私は“可もなく不可もなく”といいますか‥でも、どちらかといえば“不可”感の方を抱いてしまったかなぁ。

【ある日、爆弾がおちてきて】の中に気にいったフレーズがあったので、これを引用させてもらうと...


『ドキドキのクライマックス』

いわゆる“オチ箇所”が全体を通じ、やや物足りない気もしました。もうちょっと意表を突くのを頂きたかったのですけれど。


まずはその「爆弾娘」。病気とか未来だとか、まるで24時間テレビ内の単発ドラマを見ているかのような、綺麗で感動的なストーリー。そういった意味ではトリに相応しかったのかな。

ラストは‥何となく予想がついてしまいましたよね。でもなぜに彼女は『パルカ』なんて名乗っていたんだろう。含みを持たせるにしても、なんかヘン(笑)。

日頃からあまりテレビを視ない拙者は「世にも」を通じて初めて知る役者さんも結構いたりするのですが、この回の松坂桃李クンもそう。驚いたのは彼の演技がとても上手だったこと演技力も兼ね備えたイケメン!将来有望な俳優といえるでしょう...




名演技といえば【水を預かる】香取慎吾。あんな3の慎吾クンは個人的に初めてみたかな(笑)。

‥ただねぇ、まさかの“夢オチ”でしょ?たしかに予想外ではあったけれど、あまりに唐突すぎる展開に面食らってしまった視聴者も結構いたのではないでしょうか。ま、嫌いではないんだけどね、こういう夢とか妄想系の類も。


慎吾クン以上に『そう来たか!』的なオチを用いてきたのは【人間電子レンジ】
あの手のストーリーは初期のころからよく見受けられましたが、志賀廣太郎氏が主演でなければ、まぁ言っちゃ悪いけど駄作になるところでしたわな。志賀氏のギャップ性のある、熱のこもった演技があったからこそ、作品自体を楽しむことはできました


続いて【0.03フレームの女】。やっぱり【見たら最期】と同じ。該当映像を視た人が次々に亡くなってしまうというやつでしょ?もう何年間も「世にも」を見続けていると、傾向が分かってきてしまうんだなぁ、これが。

ただラストは一体なんだったの?あそこに映っていたのは夏菜嬢そのものであった‥ってことなのかな。いわゆる彼女の“分身”みたいな!?それなら夏菜自身はあの奇妙な世界でも生きていけますね。

‥ところで大女優の遠野なぎこお姉さま。今度はぜひ主演でお待ちしていますよ、途中で死ぬ役なんかじゃなくてさ。ドラマ【未成年】のファン代表より。


最後に【仮婚】石原さとみちゃん! とにかく‥めんこい!

ではなくって、今回ここで触れるべきはストーリーの方ですよね。

うん、もっとも「世にも」らしかったといいますか、高得点をあげてみたい話ではありました。冒頭で申したオチへの持っていき方が、石原ちゃんの作品に関しては良かったですよ。お得意の“どんでん返し系”ですが、これが実に巧くハマった!

昨今の『結婚したいができない!』といった人の心理をよく捉えていたし、あぁいった紹介所も現実にありそうで、リアリティな奇妙を堪能。お見事!でした


てなわけで、一番評価が高かったのは【仮婚】。次点は【水を預かる】といったところでしょうか(出演女優は順位に影響しておりません!笑)。さっこれからの婚活向けて、私もお料理の腕をみがこうっと!


ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by はむ at 22:29| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

半年に一度のお楽しみに♪

お久しぶりです。


最後の更新からだいぶ間隔があいてしまいました。最近はいっちょ前にリアルの方もなかなか忙しくしており、思うように更新をできずにいたのです。語ってみたいことはたくさんあったのですけどね。とりあえず元気にはしていたのでご安心を。

私がそうこうしていたうちに、季節はもう秋‥‥「世にも奇妙な物語」放送の時期が近づいてきました。(10/12 PM21:00〜)フジの公式サイトより最新の情報を確認しに行って参りましたが、な、なんと!大好きな石原さとみちゃんが主演を張ってくれる作品があるというではないですか!


石原さとみ カレンダー 2014年


‥これは楽しみでござる。彼女は【未来同窓会】以来の出演だったかな。このときも可愛かったんですよねぇ。たしかスーツみたいな白色のジャケット?を羽織っていて、これがまたよく似合っていたんだ!

んで、今回は【借婚】という名の作品。恋愛系の奇妙なのかな。あらすじなどをみた限りでは“パパ”を一時的に貸し与えてくれる、飯島直子嬢主演 【レンタル・ラブ】と少し似ているような気もしたんだけど、どうなのでしょうね。‥いずにれにせよ、この手の話はだいたい幸福の絶頂からの転落劇が用意されているわけで、「落とし方」のセンスの良さが一層問われるストーリーですわな。

『こんなシステム(借婚)があったら面白い』って石原ちゃん本人がおっしゃっていました。彼女だったらたとえ数日間であったとしても、借婚をしてみたい殿方がこの世にごまんといるのでは?‥なんか石原ちゃんが作ったと思しき、お弁当食べている画像がサイトに載っていたけど、あの旦那役?の男が心底羨ましすぎます...


夏菜が出演する【0.03フレームの女】が今秋唯一の“怖系”ぽいけど、最近の世にもはホラーテイストの作品が不調だからなぁ。でもまぁ初期の名作、【見たら最期】のような匂いがなんとなくしてくるし、期待はしてみますけどね。

それと「目玉」ともいうべきSMAPの香取慎吾くん。実に12年ぶりですかぁ。SMAPの中では“アタリ”の作品と出逢っていないせいか、草なぎ君やキムタクさんとかと比べると、世にもにおいてはあんまり印象に残っていないというのが正直なところです。さて、今回の【水を預かる】はどうなる!?


その他には松坂桃李主演の【ある日、爆弾がおちてきて】。これは一体なんなんだろう。ちょっと視てみないと判らないなぁ。でもこういうのが意外と名作だったりするからね。前回の【AIRドクター】みたいに。なかなか侮れない存在‥かも。

志賀廣太郎氏主演の【人間電子レンジ】。これは完全にコメディーでしょうね。ただ、志賀さんは私も大好きな役者さんで、あの方は期待を裏切らない演技をしてくれます。(個人的には「採用試験」のクールな感じの方が好き)楽しみにしておいてください。


≪関連≫
世にも奇妙な物語 -近代ジャニーズ俳優の特別編-

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by はむ at 01:16| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

世にも奇妙な物語 2013『春の特別編』 視聴感想文 ※ネタばれ注意

「世にも奇妙な物語」の愉しみ方...


リアルタイムで視て、その後にもう一度録画しておいたものを見返すんです。2回目以降で物語に隠された伏線部分であったり、制作側が意図的にそうした“遊び心”みたいなものを見つける‥‥。こうすると2度“世にも”を愉しめてお勧めですよ。

たとえば昨年の仲間由紀恵さん主演【スウィート・メモリー】のラストシーン。刑事と医者がすり変わっていたなんて、一瞬の出来事でしたから、初回ではなかなか気づきにくかったかと思います。‥まあ放送が終わった後に“愉しみ方”なんか伝授しても、いささか『何を今更?』って感じなのですけれど(笑)


春の特別編2013!いかがでしたか?筆者はわりと満足しています。S級の名作があったというわけではないのですが、どの作品もそれなりに見どころ(落とし処)もありましたし、奇妙なワールドは堪能できたかなと。いい意味で事前の予想を裏切る作品が多かった‥‥それがまず第一の印象です。

【石油が出た】はコメディタッチで描かれるのかと思いきや、意外とシリアスな作風でしたし、逆に【不死身の夫】は扱ってるテーマがわりと重たいものであるにも関わらず、中盤までは軽快なBGMに乗せてテンポよく進行していき、【階段の花子】はまさか、まさかのホラーテイスト...


そんな中、トップバッターの【呪web】だけが“地で行く”ようなストーリーで若干期待ハズレ。ラストは完全に恐怖系な作品へと様変わりしていきましたけれど、どこか中途半端感が否めなかったかな。おざなりにされた主人公の彼氏もかわいそうでした(笑)



佐々木 希「nozomi」 [DVD]


石油が出た】。主人公のオシッコが石油‥‥だなんて、これだけ訊いたら「お笑い路線」まちがいないのに 『石油はみんなが幸せになるためにあるんだー!』とか、けっこう泣かせるような?セリフを真顔で云い放っていたり、またその後に主人公がしている行為(いわゆる立ちション)とのギャップ感が痛快でした。

主人公の身体から石油が出なくなった時点で“用済み”となり、元の冴えない人間に戻る‥‥というのが大体この手の話で見受けられるパターンでしたが、今回はそうではなく、一応「幸せな結末」を迎えています。ただ、やっぱりそこで終わらせたくない、世にも奇妙な物語。石油DNAを赤ちゃんに引き継がせていたとはね(笑)。オチに工夫が感じられたのと、タイトルも「石油男」にしなかった点で、ポイント増し。


つづいて【AIRドクター

これはよかった! なんでしょう‥。前回も【来世不動産】が巷ではおそらく一番人気でしたけれど、最近はこういったテイストの方が“世にも”との相性が良いのですかね。いやいや、それにしても『実は私は○○ではない』の件、最高でした。極めつけは、あの時計クン(笑)

最後の最後で飛行機が墜ちてしまうとか、何らかのブラックなラストが待っているのかと思っていたら、主演の小栗旬さんがかっこよく締めてました。あの後どうなったんでしょうね。


小栗旬責任編集 「 旬刊小栗 」 (ワニムックシリーズ 156)


【AIRドクター】ではしきりに『偽物』なんて言葉も使われていましたが、次の【不死身の夫】は偽物であって、あながちそうとも云いきれない!?なんと、クローンの話。これは意表つかれましたね。

なんていうか久々に視ましたよ。こういった後味の悪〜い作品?(笑)。ハッピーエンドと見せかけてのバッドエンドだったもんだから、久々登場の高山直也さん脚本作品も意地が悪い(まあ主人公にとってはハッピーですが)

当初予想していたよりも、そこまで恐怖系というわけではありませんでしたけれど、壇れいさん・尾美としのりさん!夫婦役の名優ふたりがとても良い味を出していたと感じます。ラストの壇さんが自分の肩に手を当てる仕草が少し謎めいていましたが‥‥あの意味、判った人はいたかな?


階段の花子】は学校にやってきた女性教師が何やら意味深な行動や発言を繰り返してことから予め、“正体”を想像できてしまった部分はあったけれど、そこに持っていくまでの展開の仕方は中々よかったのではないですかね。

ただ自分は、散々あった「少女の件」よりも、オチ方を評価したいです。あれは過去にあまり見かけたことのない結末でした。どちらかといえば「本当にあった怖い話」的なテイスト?“世にも”でありがちな、鏡に引き込まれるとかではなく、現実にありそで怖い?無限階段地獄 ですものね。これはこれで殺されるより嫌かも...


今回の春特、皆さまの評価はいかがなものだったでしょうか。冒頭申し上げました通り、筆者はまずまず高評価です。う〜ん‥‥点数にするならば85点くらい?☆の数なら4つくらい?全話をつうじて今回はやたら美女の出演者が多かったような気もするので、若干甘めかもしれませんが(笑)。秋も期待したいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by はむ at 21:34| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

世にも奇妙な物語 【番外】-近代ジャニーズ俳優の特別編-

前回に引き続き、「世にも奇妙な物語」とジャニーズのコラボ(?)をお届けします。

近年は該当作品数が多いのでザックリと振り返っていきますが、タイトルの横にある☆印の数は筆者の好みがモロに出ています(笑)。なので、あまり気になさらないでください。それではまず、近代ジャニーズの象徴でもある‥SMAPから!


≪スマップ≫ ※出演回数順

木村拓哉

言葉のない部屋】 第2シリーズ ☆☆☆
トイレの落書】 95春の特別編 ☆☆
パパラッチ】 99春の特別編 ☆☆☆☆☆
BLACK ROOM】 SMAPの特別編 ☆☆☆☆


◆コメント
皆さんの意見なども訊いてみますと【BLACK ROOM】の人気が高いのでしょうか。アレは樹木希林さんと志賀廣太郎さん夫婦の演技も大きかったと思いますが^^;木村さん自身の魅力的な観点で推すなら、私は【パパラッチ】。カメラマン役がとてもよく似合ってましたしね。ストーリーもなかなか秀逸です。

それから【言葉のない部屋】についてWikiには“田舎者役”とありましたが、彼にはちゃんと「タモツ」という名前がついてました。失敬な!(笑)


草g 剛

無実の男】 97秋の特別編 ☆☆
銃男】 00春の特別編 ☆☆☆☆☆
13番目の客】 SMAPの特別編 ☆☆☆☆
ヘイトウイルス】 12秋の特別編 ☆☆


◆コメント
こう草なぎさんの“世にも”を振り返ってみますと、凄いですねぇ‥。コメディからシリアスな役どころまで、実に幅広いです。【13番目の客】は好きなテイストでしたけれど、ややオチが弱かったところで満点評価とまでは、いかなかったかな。逆に【銃男】の締めくくり方は絶品級だったと思います。


中居正広

23歳の老人】 95秋の特別編 ☆☆☆
不定期バスの客】 96秋の特別編 ☆☆☆☆☆
オトナ受験】 SMAPの特別編 ☆☆


◆コメント
中居さんのは人としての道から外れてしまったような人物を演じる機会が、多かった印象ですね。【23歳の老人】では老人の身体を模ったボディスーツを利用して悪事を働こうとしたり、【不定期バスの客】では殺人(未遂)を起こしたりと‥‥。でも後者はミステリー感に溢れていて、非常に好きな作品のひとつです。


中居正広in「模倣犯」―ピースの世界


稲垣吾郎

中学教師】 98秋の特別編 ☆☆
僕は旅をする】 SMAPの特別編 ☆☆☆☆
顔を盗まれた】 03春の特別編 ☆☆☆


◆コメント
【僕は旅をする】はなかなか壮大でしたよねぇ。まるで2時間ドラマを視たあとのような重厚さが、同作品にはありました。ただ、これもちょっと詰めの部分が‥。『おっちょこちょいなんだから!』って、稲垣さんのナレーション?最後の最後にきて視聴者をほっこりさせてどうするのよ?端からそこを目指していたのなら、別にいいんですけど...


香取慎吾

【サムライ化する男】 98春の特別編 ☆☆
【エキストラ】 SMAPの特別編 ☆☆☆


◆コメント
特段コメントはありませんが、はやく私も“世にも”のエキストラで出演させてください(笑)


≪嵐≫

松本潤 【イマキヨさん】 06春の特別編 ☆☆☆
櫻井翔 【才能玉】 07春の特別編 ☆☆☆
大野智 【はじめの一歩】 10秋の特別編 ☆☆☆


◆コメント
☆の数が表しているように可もなく不可もなく‥といったところでしょうか。皆さん劇中可愛いカノジョがいらして、ちょっとだけ羨ましかったけれど。それにしても【才能玉】って、なんかドラえもん的ですよね。


≪V6≫

井ノ原快彦 

罰ゲーム】 七夕の特別編 ☆☆☆☆
自分カウンセラー】 04春の特別編 ☆☆☆


◆コメント
【罰ゲーム】ではのちに“世にも”常連となる永作博美さんの弟役。あのイノッチが最後あんな風になってしまうなんて‥‥。ある意味衝撃的でした。

≪TOKIO≫

城島茂

自販機男】 07秋の特別編 ☆☆☆


◆コメント
切なかったなぁ。でもそんな作風が城島さんの“キャラ性”と、うまいことリンクしていました(笑)。TOKIOでは以前話したように松岡昌宏さんも初期のころに出演されています。


≪KinKi Kids≫

堂本光一

昨日公園】 06秋の特別編 ☆☆☆

≪関ジャニ∞≫

横山裕

どつきどつかれて生きるのさ】 08秋の特別編 ☆☆☆☆


準主役以上の扱いで、奇妙な世界の住人となった、SMAP以降のジャニーズ所属タレントはこんな感じでしょうか。もしかしたら抜けているかもしれません。

あなたが今でも記憶している・鮮烈な印象を与えてくれた作品は、はたしてこの中にありましたでしょうか。これからまたどんなタレントさんが登場してきてくれのるか、既存の“世にも”ファンはもちろん、ジャニーズファンも「世にも奇妙な物語」からますます目が離せなくなりそうです。


≪関連≫
世にも奇妙な物語 -ベースボールの特別編-
U-NEXTで16日間無料見放題!

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by はむ at 15:41| Comment(0) | 世にも奇妙な物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。